川管ネット設立趣旨書
 
横浜市と東京都の中間に位置し南北に展開する川崎市は、人口およそ128万人、世帯数56万戸を数える政令指定都市として首都圏の一画を形成し発展してきました。
市民の約4割は中高層共同住宅、いわゆるマンションに生活しているともいわれ、すでに都市型居住形態として定着しているマンションですが、これらは私有財産であると同時に都市を構成する重要な社会資本の一つとして位置付けられ、将来に向けて良好に維持・管理をしていく事が極めて重要と考えられております。
しかし、これらを維持管理しているマンション管理組合では1棟の建物を多くの区分所有者が共有することからくる意志決定の困難さ、考え方の多様な住民相互間のトラブルの発生、管理組合活動に関する無関心、加えて建物を維持・管理する為の専門知識の不足等から十分な維持管理の出来ない経年劣化マンションが徐々に増加して居住者の高齢化とも相俟って多くの諸問題を抱えている状況です。
この様な現状に対し、国としても平成13年8月にはマンション管理適正化法、14年にはマンション建替え円滑化法、更に今年は区分所有法の一部改正等マンション関連の法整備を進めて参りました。
今後私達としては、より多くのマンション管理に関わる個人、団体、管理組合等への参加を呼びかけ幅広いネットワーク活動を推進していくために、広域地域ネットワーク団体として特定非営利活動促進法による特定非営利活動法人格を取得することにより私達の社会的認知度の向上と、より活発なまちづくりの推進並びに環境保全を図る地域活動の展開を通じ社会への貢献を目指すため、ここに「特定非営利活動法人 かわさきマンション管理組合ネットワーク」を設立します。

平成15年6月1日
法人の名称  特定非営利活動法人
かわさきマンション管理組合ネットワーク
設立代表者  緒  賀   博

全 1件  [管理]
CGI-design